痛みが無くなる=治ったは間違い【神戸市西区 西神戸なかむら整骨院】

2016年12月17日

こんにちは。明石市神戸市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、西神戸なかむら整骨院です。

 

いきなりですが皆さん、痛みがなくなれば治ったと思っていませんか?

 

実はこれは大きな間違いです。

 

確かに痛みがなくなれば動けるようにもなりますし、不便はなくなります。しかしそれは完治とは言いません。

 

例えばぎっくり腰を例に見てみましょう。重たいものを持ち上げた時などにグキッ、経験した方も多いのではないのでしょうか?

 

ぎっくり腰というのは病名ではなく正式には腰椎捻挫などという名前になります。字のごとく腰の捻挫です。

 

捻挫と聞いてイメージするのは足首などではないでしょうか?

 

しかし捻挫というのは関節ならどこにでも起こりえます。腰の関節で起こればそれは腰椎捻挫となるわけです。

 

実際腰の中では何が起こっているのでしょうか?

 

関節というのは靭帯や筋肉によって支持されています。

 

捻挫を起こすとそれらの靭帯や筋肉に損傷を与えます。痛みのほとんどが損傷によって現れます。

 

ぎっくり腰を起こした時も腰にある靭帯や筋肉が損傷します。簡単に言うと部分的に切れているということです。

 

切れているんんですからそりゃ痛いですよね?

 

ぎっくり腰を経験したことのある方はわかると思いますが、最初の痛みがずっとは続かないですよね?

 

長くても1週間ぐらいで痛みは収まっていきます。中には次の日には痛みがなくなっている方もおられます。

 

でも実際には痛みがなくなっても治っているわけではありません。

 

先程も言ったように筋肉が部分的に切れているのに、1日でもとに戻るはずがないのです。

 

皆さんここで油断してしまいます。痛みがないから治ったと思い、普段と同じ生活をしてしてしまいまたグキッと・・・

 

ここから慢性的な腰痛になる方もおられます。

 

わかりやすく切り傷で例えてみると、何かで手を切ったとします。切った直後は痛みがきついですが、数日で痛みはある程度収まりますよね?切り傷の程度にもよりますが(^_^;)軽いものと考えてください。

 

傷みが収まったとしても、切り傷はまだ残っていると思います。かさぶたの状態ですね。

 

傷みがなくても治っていないとはこういうことです。かさぶたを無理に剥がすとまた傷ができますよね?

 

腰もこれと同じことがいえます。でも実際に筋肉は体の中にありますから見ることができません。

 

なので治ったかの判断がしにくいです。

 

ぎっくり腰の場合程度にもよりますが、完治までには1ヶ月半ほどかかる場合もあります。

 

でも実際に痛みがあるのは1週間ぐらいだったりします。

 

腰だけに限らずほかの部分でも同じことがいえますよ。

 

ここでしっかり治す事により、今後が全然変わってきます。

 

皆さんも自分で判断せずに、通院をお願いしますね。

 

年末の大掃除で体を痛めやすいのでくれぐれもご注意くださいね!

 

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-924-4336

HP西神戸なかむら整骨院

 

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!