腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いについて気を付けるべき点【神戸市西区 西神戸なかむら整骨院】

2016年12月14日

こんにちは。明石市・神戸市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、西神戸なかむら整骨院です。

 

 

本日は腰痛やしびれなどの原因となる腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いについてお話させていただきます。

 

 

患者様で病院や整形外科などでレントゲンやMRIを撮っていくと病院によっては腰椎椎間板ヘルニアと診断されたり、脊柱管狭窄症と診断されたりどっちかわからないとお悩みをもった方がいらっしゃいます。

 

 

画像診断やしびれなど症状が似ていることや例外などもあり、わかりにくいことがあります。

 

 

しかしこの2つは意味合いが全然違い、治療法なども異なってきますので確実に自分がどうような状態なのか把握する必要があります。

 

 

診断基準の一つは日常生活でどのような動作が苦手か痛みが出るかなどをみていきます。

 

 

例えば大きくわ分けるとヘルニアの場合は腰を反る動作で症状が軽減し、脊柱管狭窄症の場合は腰を丸めて前かがみになると痛みが軽減するケースがあります。

 

 

さらに痛み方などはヘルニアは激痛、狭窄症は鈍痛などの違いもあり、年齢で言うと比較的若い方がヘルニア、高齢の方に狭窄症といったこともあります。

 

 

ただこのように違いはあれど例外ももちろんあるので当院では身体の骨格の歪みや関節の動きなどをみていき、どこが原因で痛みやしびれなどの症状が出ているのか身体の検査し、その方の原因に沿った治療を行っていきます。

 

 

このようなヘルニアや狭窄症など手術しないと治らないといったイメージがあるかと思いますが、症状を改善する方法はいくつかありますのでお困りの方がいましたら是非当院へご相談下さい。

 

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-924-4336

HP西神戸なかむら整骨院

 

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!