梨状筋症候群

  • お尻に痛みがある
  • お尻から足にかけて痺れがある
  • 座っているとお尻や足の痛みや痺れが強くなる
  • 歩いているとお尻付近が痛い
  • レントゲンやMRIでは異常がなかったが痛みがある

梨状筋症候群とは

聞いたことが無い方も多いとは思いますが、「りじょうきんしょうこうぐん」と呼びます。

梨状筋という筋肉が骨盤から大腿骨(太ももの骨)の付け根あたりにかけて走行しています。

梨状筋のすぐそばには坐骨神経があり、この筋肉が硬くなることにより神経を圧迫したり、刺激することによりお尻や足に痛みや痺れを引き起こします。これが梨状筋症候群といいます。

病院に行きレントゲンやMRIを撮っても異常なしとなることがほとんどです。

梨状筋症候群の原因

梨状筋症候群は梨状筋が硬くなることにより起こるのですが、筋肉は負担がかからない限り硬くなることはありません。

梨状筋は骨盤から股関節にかけてある筋肉ですので、骨盤の関節の動きや歪み、股関節の動きが悪くなることによって引き起こされることが多くあります。

それらの負担がかかることにより梨状筋に負担がかかりやすくなり、梨状筋症候群になりやすくなります。

西神戸なかむら整骨院の治療法

pic013症状を改善するためには原因となっている部分を取り除かなければいけません。

梨状筋症候群の原因となっている関節の動きや、歪みなどを正常な状態にすることで負担をかからなくすることが出来ます。

当院では患者様のお身体の状態を検査等で詳しく診たうえで、その方に合った治療を行っていきます。

また硬くなった筋肉に対してもストレッチなどを行い改善を目指していきます。

ご自宅で出来る簡単なストレッチなどもお教えいたします。

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!