ゴルフでの痛み

  • スイングの際の腰の痛み
  • 手首の痛み
  • 肩の痛み
  • 股関節の痛み
  • 膝の痛み

ゴルフでの障害で多いこと

ゴルフを日常的に楽しまれている方は、本当に多く、また肩や腰、股関節、膝、手首などの症状でお困りの方も多くなりました。

どのような動作が原因で症状が出るかを解説させていただきます。

肩の痛み

スイングの際、特に左肩はテイクバック時、スイング時、フォロースルー時に内外転運動やねじれ運動など大きな負担がかかりやすくなります。

肩関節は、関節面が浅く、ほかの関節と比べ関節が浅く、その分、腱板(ローテーターカフ)という筋肉で肩関節の安定性を保つようにしています。

その筋肉が損傷したり柔軟性が低下してしまった状態、筋力が低下してしまった状態になると可動域が低下してしまい、スイング時の肩の痛みなどの症状につながってしまいます。

手首の痛み

手首の痛みはスイング時の手首の返しや、地面に設置した際に、小指側の手首の関節を痛めることがあります。

ゴルフで痛めても、日常生活などでも支障が出ますので、早期の改善が必要になります。

腰の痛み

ゴルフのスイングで最も大切な個所は、胸椎(背中の骨)と股関節と言われています。

これらの関節の可動域が低下してしまった状態になると、本来は動かなくていい腰の関節がスイング時に動いてしまい、腰痛の原因になってしまいます。

症状が出ている場合、腰のほうに問題がある事も多いですが、胸椎や股関節など、腰を回す動作の際によく動く関節の可動域を向上する必要があります。

膝の痛み

スイング時足をねじりながら、体重を片方の足にかける動作が多く、関節面や靭帯、軟骨を痛めやすくなります。

急性期の炎症がある状態の際は、アイシング、固定などの処置が必要ですが、再発防止のための膝関節特有の動きの改善を行う必要があります。

また筋力を改善し、踏ん張りやすい状態を作ることによってパフォーマンスを向上させる役割があります。

神戸市西区 玉津 西神戸なかむら整骨院で行っているゴルフでの治療法

ゴルフでのお身体の不調として肩や腰、膝、手首の内容を上げさせていただきましたが、まだまだ多くの個所の痛みを抱えられている方もいらっしゃいます。

西神戸なかむら整骨院では、症状の出ている部分だけの単なる治療を行うのではなく、症状の原因を突き止め、原因部分から治療を行うことにより根本的な改善を目的とした治療を行っています。

また再発予防のための筋力向上のためのトレーニング、柔軟性向上のためのストレッチも行っています。

なかなか改善しないゴルフでの体の痛み、症状でお困りの方は、神戸市西区の西神戸なかむら整骨院にご相談下さい。

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!