椎間板ヘルニア

  • 腰が痛くてかがむ動作ができない
  • おしりから足の先にまでしびれが出ている
  • 病院でヘルニアと診断され手術をすすめられた
  • 手術をしたけどまた痛みを繰り返している
  • 腰の痛みやしびれがひどく、生活に支障が出ている

神戸市西区 玉津 西神戸なかむら整骨院|椎間板ヘルニアとは?

pic018

人間の背骨の上下椎体の間にある軟骨は、クッションの役割をしているもので椎間板と言います。

前側の前縦靭帯は厚くて腹部内臓器を保護しています。

ところが、椎間板の中心より後方側は、後縦靭帯が薄く、その上線維輪も前方より後方が弱くなっています。

そのため、髄核は後方に突出しやすくて、椎間板ヘルニアになります。

椎間板ヘルニアになると椎間板が神経根を圧迫するようになると下肢症状等を引き起こしてきます。

神戸市西区 玉津 西神戸なかむら整骨院|椎間板ヘルニアになる原因は?

椎間板ヘルニアになるきかっけは重いものを持ち上げる、押す、引っ張る、体をひねる、長時間の座り仕事や車の運転などがあります。

このようにきっかけというものは様々な理由がありますが、そもそもなぜそのような動作で椎間板ヘルニアが起きるというと、元々の姿勢の悪さや腰のカーブ、筋肉の柔軟性など正常に比べると固まっている状態であるなどの要因があります。

本来、人は首から腰にかけて横から見るとゆるやかなS字のカーブがあります。

椎間板ヘルニアがあるほとんどの方はこのS字のカーブが低下し腰が丸くなり、いわゆる猫背状態の方がほとんどです。

神戸市西区 玉津 西神戸なかむら整骨院で行っている治療法

過去には椎間板ヘルニアは手術や湿布、痛み止めの薬など対処療法が主でしたが、近年では腰の歪みや筋肉の柔軟性を治療していくことで椎間板ヘルニアの症状が改善できると言われています。

椎間板ヘルニアを引き起こす原因となった骨格や筋肉の状態で手術を行っても、また再発するケースがほとんどです。

西神戸なかむら整骨院ではそういった対処的な処置を行うのではなくその後再発しない身体作りを行うための治療を行っていますのでお困りの方は神戸市西区玉津の西神戸なかむら整骨院へご相談下さい。

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!