腱鞘炎

  • 手を動かすと痛みが出る
  • 手首が痛い
  • 手首をよく動かす仕事をしている
  • 手首を使わなければ痛みは出ない
  • スマートフォンを操作し過ぎで痛くなる

腱鞘炎とは

まず腱とは筋肉が骨に付着している部分で、硬い組織です。

筋肉は骨に近づくにつれてだんだんと筋肉の組織と腱の組織の配分が変わっていき、徐々に腱の組織の配分が多くなっていくことで最終的に腱として骨に付きます。

そしてこの腱は指までついており、指の曲げ伸ばしのメインの筋肉は前腕にありますが、その筋肉が腱となってそれぞれの指に走っていくのです。

そして、この腱の走行や運動の補助をしているのが腱鞘と言います。

腱鞘とは腱を通すトンネルのようなもので、それぞれの指に走る腱が正しい位置にあるように細かく存在しています。

この腱鞘によって手指の運動が行えるのです。

腱鞘炎とは、この腱鞘の部分で腱と腱鞘との摩擦により炎症を起こす状態のことを言います。

腱鞘炎になる原因とは

主に手首をよく動かしたり使ったりすることや、最近ではスマートフォンなどで指を使い過ぎると腱は、腱鞘の中を何度も行き来することになり、腱と腱鞘がこすれ、摩擦が起こるので炎症が起こります。

これが、腱鞘炎になる原因です。

また、出産後や閉経後の女性はホルモンバランスの関係で親指の付け根に痛みが出るド・ケルバン病と言われる腱鞘炎にもなりやすいと言われています。

神戸市西区 玉津 西神戸なかむら整骨院で行っている治療法

腱や腱鞘の摩擦が起きる原因は関節自体の固さや筋肉の状態も影響していると言われています。

西神戸なかむら整骨院ではそのように根本の動きから改善することによって痛みを止めるだけの治療ではなく、痛みの出ない正常な身体を作る根本治療を行っていますので、腱鞘炎でお困りの方がいらっしゃいましたら西神戸なかむら整骨院へご相談下さい。

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!