テニス肘

  • テニスやゴルフで肘を傷めた
  • 安静にするように言われたが、痛みが引かない
  • スポーツだけでなく日常生活にも影響が出ている
  • モノをしっかりと持てない
  • パソコン作業ばかりなのに肘が痛い

テニス肘とは

テニス肘は正式には「上腕骨外側上顆炎」と言います。

肘の外側、「外側上顆」と呼ばれるところに炎症を起こした状態を指します。

外側上顆には、前腕の筋肉の腱が密集して付着しています。

一般的には手の使い過ぎで前腕の筋肉が疲弊し、付着部である外側上顆に負担が掛かって炎症を起こすと言われています。

 

症状としては、モノを持ち上げたり雑巾を絞るような動作の時に痛みが出ることです。

また、安静時には症状がないことがほとんどです。

 

テニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれていますが、手首を手の甲側に曲げた格好で、指を酷使することで外側上顆に負担を掛けるといわれています。

よって、最近ではパソコンやスマートフォンの長時間利用者にもテニス肘でお悩みの方が増えてきています。

一般的なテニス肘の治療方法

一般的には、一定期間の安静、前腕のストレッチ、肘のサポーター着用を行なっていくことが多いです。

肘をなるべく動かさないようにして、損傷して固くなってしまった前腕の筋肉の柔軟性向上を図ることで、症状の緩和を目指しています。

 

しかし、現実的な問題として、日常生活で肘を動かさないというのは難しいですし、サポーターの着用も効果的な方法というわけではないので着用自体が煩わしくなっていきます。

前腕のストレッチに関しても、絶対に効果のある方法というわけではないです。

 

また、これらの治療は痛みを引かせることに主眼を置いているので、再発防止が難しくなってしまいます。

神戸市西区の西神戸なかむら整骨院でのテニス肘治療

神戸市西区の西神戸なかむら整骨院では、まず肘および肩や手首の関節に着目して治療を行っていきます。

多くの場合、肘単独の問題ということはなく、手首や肩にも併せて問題があります。

問題というのは、関節の動きが正常ではなくなってしまっていることです。

そして、肘だけでなく手首や肩の関節の動きを正常にしていくことで、痛みの出ない状態をつくっていきます。

 

また、元を正せば、日常生活の中に無意識で行っている悪い癖がありますから、それに対しての対策や予防法なども必要性に応じて指導させていただきます。

 

原因をしっかり突き止めて、テニス肘で悩まない体をつくっていきましょう。

神戸市西区・玉津 なかむら整骨院|施術の流れ

  • 1.受付

    1. 問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    2. お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    3. 実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    4. 状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    5. 現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    6. 本日の施術は終了です。
    お大事に!